中間温帯の植物
(佐々木豊氏遺稿より)



○宮城県植物誌のご案内
(完売いたしました)

 

宮城植物の会は1972年より郷土の植物を研究・保全することを主な目的に歩んできました。 近年、産業の発展や生活の変化に伴って多くの野生生物が絶滅の危機に瀕しています。私たちは、 宮城県の野生植物の現状を把握するため先に第一次宮城県植物誌編集活動を行い、今回、6年間 の第二次編集事業を進めて45年間の成果を集大成した宮城県植物誌を発行します。

○本誌の特色
 ・植物目録は公共的な標本庫の所蔵標本に基づいて編集しています。
 ・植物の生育を支える気候や地形地質、 植生を解説しています。
 ・先人の業績や標本によって研究史を紹 介しています。
 ・引用した標本の採集地・採集日などを公開しています。
 ・植物相に関する資料を多岐にわたって収録しています。

お住まいの地域の植物について知る手がかりとして、市区町村の野生植物目録を整える資料として、植物分類や生態研究の基礎資料としてご活用ください。

A4版370頁、CD付





○宮城の植物45号発行のお知らせ

 

※「宮城の植物」のバックナンバーをご希望の方は、有料(1部1,000円+送料)でお分けいたします。住所、氏名、連絡先電話番号を明記の上、info@miyagi-syokubutsu.orgまでメールをお送り下さい。

なお、創刊号から45号の目次は、こちらから確認するする事ができます。

「宮城の植物」は、宮城植物の会が年1回発行する会誌です。
植物に関する研究論文、資料、短報(採集記・観察記録等)、随想、観察会記録等が掲載されています。
会員であればだれでも投稿することができます。
目次
講演記録 年輪から何が分かるのか? 大山幹成 1
研究ノート 岩沼市志賀沢川で宮城県内初の帰化植物セイタカハッカを確認 八巻克己 8
ハマナス(バラ科)の虫こぶとハマナスの分布 滝口政彦・杉山多喜子 11
斗蔵山のモミ・ウラジロガシ林の樹冠投影図による30〜36年間の群落の変化-そのC 滝口政彦・望月謙吉 14
宮城県維管束植物のタイプ標本2 アブクマトラノオ・キンカアザミ 上野雄規 23
2019年宮城県フロラの動向 宮城の植物編集委員会 25
随想 花の絵本 ノギク(野菊)のなかま 佐々木 豊 27
観察会記録
令和元年度
県民の森岩切城趾 春の植物 29
七ヶ浜多聞山 海辺の里山 33
泉ヶ岳 高原の植物 38
蔵王大黒天〜刈田岳 高山の植物 42
山元町坂元磯 海辺の植物 45
太白山 里山の秋 48

秋篠宮皇嗣殿下をご案内した「宮城県ゆかりの植物標本展」 上野雄規・木村紗重子 53

記事 訃報 佐々木豊 安達悦之 松永和久 56
2019年度事業報告 59
2020年度事業計画 61
役員名簿・役割分担 62
レッドデータ植物の情報提供のお願い 62
仙台市野草園標本室協力チーム2019年活動報告・2020年活動計画 64
会員名簿 66
編集後記 67
宮城の植物44号の訂正 67